1 青森県がん対策推進計画

 青森県では、平成20年5月に国の「がん対策基本法」に基づき、「青森県がん対策推進計画」を策定し、5か年の計画期間において、がんの一次予防対策やがん検診の推進等に取り組んできましたが、がんの年齢調整死亡率は依然として全国で最も高い状況にあります。
 こうしたなか、「青森県がん対策推進計画」に基づく、これまでの取組の成果や課題を踏まえ、平成25年3月に「がんを知り、がんと向き合い、がんを乗り越えられる社会」の実現をめざして、「第二期青森県がん対策推進計画」(計画期間:平成25年度~平成29年度)を策定しました。
 ※参照:「青森県がん対策推進計画」(平成20年度~平成24年度)[699KB]
 ※参照:「青森県庁ホームページ」(第二期青森県がん対策推進計画(平成25年度~平成29年度))

 

<計画期間:平成25年度~平成29年度>

全体目標(平成19年度からの10年目標)

  • がんによる死亡率の減少(75歳未満の年齢調整死亡率の20%減少) 目標82.6人(人口10万対)
  • すべてのがん患者とその家族の苦痛の軽減並びに療養生活の質の維持向上
  • がんになっても安心して暮らせる社会の構築

 

重点的に取り組むべき課題

生活習慣の改善

がん検診受診率及び精密検査受診率向上による早期発見と早期治療

がん医療の充実

情報提供と相談支援機能の充実

小児がん、働く世代への支援

がん登録の充実と研究の推進

がんの教育・普及啓発

 

分野別施策と取組の方向性

1 生活習慣の改善と感染に起因するがんの予防

 健康あおもり21(第2次)に基づく健康づくりの推進と肝炎ウィルス検査等の普及啓発

2 がん検診受診率等の向上とがん検診の精度管理及び質の確保

 検診に関する県民の理解促進と計画的かつ効率的な受信勧奨の推進、科学的根拠に基づくがん検診の推進

3 がん医療の充実

(1)手術療法、放射線療法及び化学療法を単独で行う治療や集学的治療の実施可能な体制整備

(2)放射線療法、化学療法、手術療法の更なる充実とこれらを専門的に行う医療従事者の育成

(3)がんと診断された時からの緩和ケアの推進

(4)地域連携、支援を通じたがん診療水準の向上

4 情報提供と相談支援機能の充実

 情報提供、患者や家族の立場に立った相談支援対策の充実等

5 がんの教育・普及啓発

 健康教養(ヘルスリテラシー)の向上

6 がん登録の充実と研究の推進

 がん登録の促進と質の確保、がんに関する研究・分析

7 小児がん

 小児がんに関する情報提供、小児がん診療機関間の連携

8 働く世代への支援

 事業主等に対するがんの正しい知識の普及

 

2 がん対策推進計画の進捗状況

 青森県では、青森県のがんを取り巻く現状や課題等を踏まえて、青森県のがん対策を総合的に推進するため、青森県がん対策推進協議会を設置しています。その中で、専門家より意見を聞いて、青森県がん対策推進計画の進捗状況について評価しています。
 がん対策推進計画の進捗状況については、以下の資料をダウンロードして、参照してください。

「第二期青森県がん対策推進計画(平成25年3月策定)」目標値の進捗状況(平成29年2月開催:青森県がん対策推進協議会資料)[110KB]

 

3 具体的取組について

 具体的な取組については、以下の資料をダウンロードして、参照してください。
※参照:

平成29年度の取組[2668KB]

平成28年度の取組[3000KB]

平成27年度の取組[1567KB]

平成26年度の取組[901KB]

平成25年度の取組[749KB]

※参照:「青森県庁ホームページ」(青森県がん対策推進協議会)

 

◇青森県がん対策推進条例◇

青森県がん対策推進条例が平成28年12月16日に公布・施行されました。

青森県がん対策推進条例の概要[186KB]

青森県がん対策推進条例(平成28年12月16日公布・施行)[120KB]