1 がんと生活習慣

 日本人の2人に1人は一生のうちに何らかのがんになると言われており、誰でもがんになる可能性があります。
 がんは加齢により発症リスクが高まる病気ですが、そのほかにも様々な生活習慣、特に喫煙と食事習慣が大きく関わっています。
 がんを防ぐ科学的根拠に基づいた生活習慣について、国立がん研究センターは、これまでの研究成果に基づき「日本人のためのがん予防法」(表1)を推奨しています。

 

喫煙 たばこは吸わない。他人のたばこの煙を避ける。
飲酒 飲むなら、節度のある飲酒をする。
食事 食事は偏らず、バランスよくとる。
・塩蔵食品、食塩の摂取は最小限にする。
・野菜や果物不足にならない。
・飲食物を熱い状態でとらない。
身体活動 日常生活を活動的に。
体形 適正な範囲に。
感染 肝炎ウイルス感染検査と適切な措置を。

 

表1 日本人のためのがん予防法

(出典:国立がん研究センター「科学的根拠に基づくがん予防」)
※参照:「国立がん研究センターがん情報サービス」(科学的根拠に基づくがん予防)

※参照:「青森県庁ホームページ」(青森県健康増進計画健康あおもり21(第2次)実践編)

 

2 がんを予防する生活習慣

 (1)喫煙

 たばこは、百害あって一利なしです。たばこの煙は、喫煙者本人だけでなく、周囲の人にも影響します。がんとの関連では、肺がんだけでなく、胃、膵臓、子宮頸がんなどの様々ながんのリスクを上げるとされています。

1.タバコの健康への影響、2.受動喫煙の健康への影響※受動喫煙とは、他人のたばこの煙を吸わされることです。

青森県は喫煙率の高さは全国第1位です!青森県:44.8%、全国:37.2% 1.禁煙しましょう、2.未成年者や妊婦は喫煙しない、3.受動喫煙防止に取組みましょう

※以下の要件を満たす場合は保険適用で禁煙治療を受けられます。

・ニコチン依存症判定テスト5点以上(TDS)

・1か月以内に禁煙したいと思っている

・35歳以上の方は、(喫煙年数×1日の喫煙本数)が200以上 など

※参照:「青森県庁ホームページ」(禁煙治療医療機関紹介)子どもを乗せている車内で喫煙することやレストラン等の喫煙席に子どもを連れていくのは絶対やめましょう。

 

(2)飲酒

 1日の平均飲酒量が増えるほど健康問題のリスクは上昇します。がんとの関連では、飲酒は食道、肝臓、大腸がんなどのリスクを上げるとされています。

1.リスクの低い飲酒、2.飲酒の健康への影響、節度ある適度な飲酒を心がけましょう ビール:中瓶1本、日本酒:1合、ワイン:180ml

※生活習慣病のリスクを高める飲酒量は、純アルコール量に換算すると、男性は1日平均40g以上、女性は20g以上です。

※純アルコール約20gとはビール:中瓶1本、日本酒:1合、ワイン:180ml、焼酎(25度):半合になります。

 

(3)適正な体重維持・食事

 がんを予防するためには、太りすぎないこととともに、やせすぎないことも大切です。
 食事は、がんを始め多くの生活習慣病の予防に重要なものです。国立がん研究センターの研究で、食塩の摂取量が多いと胃がんのリスクが高くなり、野菜の摂取が大腸がんの発生を抑制することが認められています。

1.自分の適正な体重、2.バランスのよい食事 1.体重をはかり、適正な体重を維持しましょう、2.主食・主菜・副菜を組み合わせた食事を1日3回とりましょう、3.食塩の摂取量は1日8g以下にしましょう(例:カップめん6g前後、しょうゆせんべい2枚1g、カレーライス3~4g)

※適正な体重とは、BMI(体重(kg)÷身長(m)÷身長(m))が「18.5以上25未満」の人で、「25以上」の場合は肥満です。

※バランスのよい食事とは、主食・主菜・副菜を過不足なく摂取することです。主食とは、ご飯・パン・麺などの炭水化物、主菜は、肉・魚などのたんぱく質を多く含むメインのおかず、副菜は、野菜などを主体としたおかずのことです。

※参照:「青森県庁ホームページ」(青森のおいしい健康応援店一覧)

 

(4)身体活動

 「日本人のためのがん予防法」で、身体活動が高い人ほど、がん全体の発生リスクが低くなるという報告があります。
 普段の生活の中で、身体を動かす時間を増やしていくことが、健康につながります。

運動の大切さ、1.積極的に運動しましょう、2.歩数を増やしましょう運動の基本は歩くこと:ウォーキングはいつでもどこでも1人でできる一番身近な運動です。運動不足を実感している人は日常生活で歩く機会を増やすことを心がけましょう。まずは今よりも1,000歩(約10分)多く歩くことから初めてみましょう。※参照:「青森県庁ホームページ」(運動スタート応援情報誌「ハピトレ」)

 

(5)感染症予防

 ウイルスや細菌の感染でかかるがんがあることが分かっています。特に、肝がんの約8割が肝炎ウイルスの感染(図1参照)によると言われていますので、肝硬変、肝がんといった重い病気の進行を防ぐためにも、肝炎の早期発見・早期治療が大切です。

 肝臓の絵、正常→慢性肝炎→肝硬変→肝がん

図1 肝炎ウイルスの感染から発症する病気

 

 最近、慢性肝炎や一部の肝硬変では、飲み薬だけで治療できるようになり、高い治療効果が期待されています。
 このため、まずは、早期発見・早期治療のために肝炎ウイルス検査を受けていただき、陽性だった場合は、速やかに医療機関へ受診していただくことが大切です。

 

ぜひ検査を受けてほしい方、1.これまで、B型・C型肝炎ウィルス検査を受けたことがない方、2.平成4年(1992年)以前に輸血や大きな手術を受けた方、3.入墨を入れたり、医療機関外でピアスの穴をあけたことのある方、4.昭和63年(1988年)以前に集団予防接種を受けたことがある方

図2 肝炎ウイルス検査をぜひ受けてほしい方

※参照:「国立研究開発法人国立国際医療研究センター」(肝炎情報センター)
※参照:「青森県庁ホームページ」(肝炎治療に係る医療費助成について)
※参照:「青森県庁ホームページ」(無料肝炎ウイルス検査)
※参照:「青森県庁ホームページ」(職域無料肝炎ウイルス検査)